【開催報告】7/13徒手療法×体幹トレーニング


こんばんは!GAP九州の中村です!
7月13日に勉強会を開催しました。

テーマは『カラダの「軸」をつくる!徒手療法×体幹トレーニング』です。

講師は車いすバスケットボール選手のパーソナルトレーナーなどを務めていらっしゃる黒田遼介さんと、理学療法士である上杉和也さんでした。

体幹トレーニングを考える

ところで、みなさんは体幹トレーニングというものを行なっていますか?

現代では、インターネットで調べるとすぐに体幹トレーニングの方法を知ることができます。
僕も調べて自分で実践しています。

ですが、行なっていると「本当にこのやり方で合っているのか?」と気になるところです。

本当のトレーニング効果を得るにはカラダのアライメントを整え、正しいフォームで行うことが重要です。

正しいフォームで実施する

セミナーでは、黒田さんの指導のもとトレーニングを1つ実施しました。
その後、上杉さんの指導のもとアライメントを整える徒手療法の実践をしました。

そしてもう一度、同じトレーニングを実施しトレーニング効果にどう変化するのかを確認しました。

感想としては、まず自分が正しいフォームで実施できていると思っていても、軸が曲がっているなどペアからの指摘を受け驚きました。

徒手療法をしてもらった後でもう一度同じトレーニングをすると軸も安定しトレーニング効果をより感じることができました。

まとめ

今回のセミナーを通して、アライメントが歪んだままでは良い効果を得れないこと。
正しいフォームを主観的にも客観的にも知ることが大事なのだと知ることができました。

トレーニングを指導する立場になった際にもっと選手のことを細かく見ようと思いました。

ぜひ、みなさんもアライメントを整えてからトレーニングを実践してみてください!!


勉強会情報!

8月17日(土)福岡にてGAP勉強会を開催します!
テーマは『基礎解剖から紐解く身体のミカタ〜股関節に対する評価・アプローチ編〜』です。

あなたは自信を持って触診をすることができますか?

機能解剖の知識があっても、正確な触診が出来なければ、その知識は“無駄”になってしまいます。
評価や身体へのアプローチ、トレーニングなども触診ができないと、満足のいく結果が得られない場合もあります。

そこで今回は、触診を通して股関節の基本的な機能解剖を学び、股関節の評価・アプローチ法を実技メインでお伝えをしていきます!

お申し込みはこちらから!
もしくは画像をクリック